企業防災ソリューション

BCP事業継続計画

BCPとは?

 

企業が自然災害やテロなどの緊急事態に遭遇したときに、事業資産の損害を最小限に抑えることが必要です。

 

BCPとは、事業継続計画のこと。

緊急事態を早期に復旧させ、中核となる事業の継続を可能とするために、平常時に行なうべき活動や緊急時における事業継続のための方法や手段などを取り決めておく計画のことです。

企業防災

被災後、BCPに基づいた早期復旧の対応が企業の業績や存続を大きく左右します。BCPの取組みを進めれば、その企業自身のメリットのほか、取引による連鎖的な影響も少なくなり、災害の間接的被害額を減らすことができます。

 

企業防災とは?家庭の防災との違い

特に大都市で発生した地震の場合、多くの人々が路上にあふれます。そこへ会社に勤める大多数の人々が、
無秩序に道路にあふれると新たなパニックに陥りかねません。これを抑制し、数日間は行政に依存しなくとも
過ごせること、これが企業防災において重要な点です。
 

何から用意すれば良いのか?


まずは人の命に関わること、すなわち、家具固定や救助工具の配備から準備をし、余裕に応じて救急用品や水・食料などを蓄えていくのが望ましい手順です。

このとき、個人が使用するもの、本部が使用するもの、という意識を明確にしておきましょう。



普段はどんなことをしておくべきか?

防災訓練はもちろんのこと、どこに防災用品が置いてあるかを周知徹底しておき、いざという時に混乱しないよう防災用品を使ってみることをおすすめします。

 

また、eラーニングなどを活用した従業員向けの教育も効果的でしょう。




災害を予測し、必要な道具を事前に揃えておくことが大切です

オフィックス株式会社では、お客様の会社における防災備蓄品の選定や、備蓄の数量を算定し、お客様に
適したご提案をさせていただきます。
オフィス用品の販売を主軸とする当社ならではの、きめ細かな対応をお約束いたします。